女性の男性脱毛症に効果を発揮するミノキシジルとは?

年齢を重ねれば重ねるほど増えてくるのが「抜け毛」です。女性にとって髪の毛は命ですので、抜け毛が増えることによってストレスが大きくなっていく人も多いと思います。

女性の薄毛対策として効果があると言われている成分「ミノキシジル」。ミノキシジルとはいったいどんな成分で、どういうタイプの薄毛の人に効果があるのでしょうか。

ミノキシジルとは、発毛効果が認められた有効成分のひとつです。厚生労働省から医薬品許可を受けた「発毛剤」です。発毛効果があると認められた医薬品の中でも、女性が使用可能なのは、このミノキシジルだけです。

ミノキシジルは、血圧低下をもたらす薬として、元々は使われていました。しかし、近年になり、そのミノキシジルの仕組みから、発毛にも効果が発揮することがわかりました。

ミノキシジルに、発毛促進効果が期待できるのは「血管拡張効果」です。血圧低下をもたらす薬として紹介しましたが、血管を拡張することにより、多くの血流を流し、血管にかかる圧力を低減してくれます。

多くの血流が流れるようになるということは体の隅々まで、栄養や酸素を届けることができるようになります。当然、頭皮にも栄養や酸素が届いて、毛根内の細胞にもいい影響を与えてくれます。

女性の薄毛の原因は様々ですが、ひとつの原因として「頭皮の血流が滞っている」ことがあげられます。これが原因で、薄毛トラブルが進行しているなら、ミノキシジルは特に効果を発揮します。

ミノキシジルが特に効果を発揮するのは、女性の「男性型脱毛症」です。いわゆるFAGAです。ミノキシジルは、AGAにも効果があると男性の薄毛の原因として使われてきました。

その後、ミノキシジルの研究が進むにつれて、「濃度を薄くして使うことで、女性の男性型脱毛症に効果がある」ことが判明しました。

年齢を重ねることで女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの影響を強く受けるようになって、起こってしまった薄毛の症状には、ミノキシジルは効果を発揮してくれます。

ミノキシジル配合の育毛剤一覧

偽造品が多いって本当?発毛剤個人輸入のメリット&デメリット

発毛剤 個人輸入
育毛剤をつけても髪が生えなかった――薄毛に悩む人々が最後に行き着くのは、ミノキシジルやフィナステリドといった発毛剤です。

しかし薄毛治療クリニックが近くにない、あるいは治療にあまりお金を掛けられないなどの理由から、それらの薬を個人輸入によって仕入れることを考える人も多いようです。

当記事では発毛剤の個人輸入についてお話しいたしましょう。

個人輸入はキケン?個人で仕入れるメリット&デメリット

個人輸入のメリット

個人輸入のメリットは3つあります。以下に書きだしてみましょう。

1.医師や病院、薬局を介さずに処方箋無しで薬を購入できる
2.近くに薄毛治療クリニックが無くとも発毛剤を入手可能
3.薬の価格が安い

1と2については被る部分もありますね。これは非常に大きなメリットだと思います。プロペシアなどを処方してもらうのに、いちいち病院に出向かなければならない、これを面倒だと感じる方は多いでしょう。

また、そういった場所に足を運ぶことを恥ずかしいと感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。

そして個人輸入の場合、日本では高価な薬を安く仕入れることができます。それは各国でジェネリックに関する法律が違ったりするからなのですが、正規品と同じ成分の薬を、正規品の半額以下の値段で手に入れられるケースもあるようです。

これだけ見ると個人輸入にはメリットばかりですが、同時に大きなデメリット、リスクも存在しますから、安易に手を出してはいけません。

個人輸入のデメリットやリスク

発毛剤を個人輸入することのデメリットやリスクは以下の通りです。

1.偽物を掴まされる可能性がある
2.同様の効果を持つ薬でも外国人向けのものは成分濃度が異なることもある
3.思わぬ副作用が発生する危険性がある
4.医師も海外製の薬についての知識には乏しい場合があり、副作用への対処が遅れる可能性がある

1についてはよく言われることです。実際どれくらいの偽物が出回っているというと、明確なデータがないためなんとも言えません。

日本の薬を売りたい人たちが「個人輸入には偽物が多い!」とデマを触れ回っている可能性もぬぐい切れないのです。

しかしED治療薬について言えば、4割ほどが偽造品であることが明らかになっているとのこと。薄毛治療薬は大丈夫とする根拠はどこにもありません。

それに副作用も心配です。もし仮に、個人輸入によって手に入れたミノキシジルタブレットが本物であったとしても、実はこれ発毛を主目的とする薬ではなく「高血圧治療薬」ですからね。

その副作用として髪の毛が増えますよってことです。低血圧の人がこのミノキシジルタブレットを服用すると、大変なことになる可能性があります。あなたはこの事実をご存知でしたでしょうか。個人輸入にはこのようにリスクも存在するわけです。

また、海外製の薬には、主目的とは全然関係のない成分が含まれていることもあり、それによって思わぬ副作用が発生する可能性もあります。

つまりパッケージに成分として表示されていない何らかの成分が含まれており、それが健康被害を発生させる恐れがあるということです。

そうなったとき、日本の病院が対応できるでしょうか。原因を即座に特定して適切な治療を施してくれるでしょうか。

まとめ

以上ご覧いただきましたように、個人輸入にはメリットもありますが、それを大きく上回るデメリットとリスクがあります。

私は個人的には、個人輸入はおすすめできません。ミノキシジル(リアップ)ならドラッグストアに売っていますし、ネットでも購入可能ですから、そちらを利用したほうがいいのではないかと思います。

人気の育毛剤を徹底比較