DHAで脳を活性化させ、充実した毎日を

DHA活性化
不飽和脂肪酸の一種で、昔からなにかと話題のEPAとDHAですが、その違いはきちんと理解できているでしょうか。意外と、両者の違いを理解せずになんとなくサプリメント等を飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

まず、EPAはというと、かんたんに言うと血液サラサラ効果です。動脈硬化や高血圧を予防します。これは、イヌイットにこれらの病気が少ないことから研究され、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸が着目されました。

EPAのみを単離することが可能であるため、EPAがいわゆる血液さらさら効果があることは実証されています。

一方、DHAについてですが、DHAは脳が取り込むことが可能な物質であり脳内多く存在している方が脳の働きが活発で、頭が良い人といえるでしょう。

ですが、EPAは脳に取りこまれることが出来ないために、脳の活性化に繋がるのはDHAと言われています。だだし、DHAからEPAを完全に取り除くことはできないのでDHAのみの効果だとは言い切れない部分もあります。

EPAとDHAが摂取可能なサプリメントは現在は色々な会社からでていますよね。値段も安くなりましたね。昔は、かなり高価なサプリだった気がします。私自身、中学生の頃からテレビでDHAのCMを見て、親にお願いして買ってもらっていました。

本当に効果があったかは、自分では実感できませんが、小学生の頃はテストで数十点をとったり宿題をやってこないで先生から怒られてばかりでしたが、中学性からDHAを摂取しながら勉強を始めた効果なのか地域で上位の高校、某有名国立大学と進学することができました。

現在は企業で研究職に就いています。なお、久々にあった小学校時代の私を知る人間に現在の私について話すと大体驚かれます。小学校の頃からは考えられないと。

体と脳の健康に良い不飽和脂肪酸EPA、DHAですが過剰摂取には気を付けてください。いきなり大量に摂取しても効果はすぐには現れません。

逆いに大量に摂取すると血液液の凝固効果が低下し血が止まりにくくなる副作用もあるそうです。

DHA・EPAのサプリメントの効果とは

サプリメント効果
調理の手間や価格の高さによる、魚離れが進んでいます。青魚に含まれているDHAやEPAが体に良いことは広く知られていますが、適切な量を摂れている人はあまりいません。そこでお勧めなのが、DHA・EPAのサプリメントです。

サプリメントという形ならば、DHAやEPAを効率的に摂ることができます。ただ、DHAやEPAのサプリメントにどういった効果があるか、詳細に知っている方はあまり多くないと思います。

まずは、DHAとEPA、それぞれどのような効果があるかを解説します。DHAの主な効果は、脳の活性化にあります。思考能力や記憶力を保つ働きがあり、脳の老化を抑制してくれます。

ひいては、アルツハイマーの予防や改善にも、効果があるとされています。他にも、アレルギーの緩和や視力回復など、様々な効果を発揮してくれます。

EPAは、主に血管や血液に良い影響を及ぼします。悪玉コレステロールを低下させ、血液の流れを促すことで、サラサラにしてくれる効果があります。

血栓の発生も予防してくれるため、命に係わる血栓症も予防することができます。血管を柔らかく保ってくれるので、動脈硬化や高血圧の予防や改善にも効果を発揮します。

さらに、DHAとEPAはそれぞれ効果も違いますが、一緒に摂ることで相乗効果を発揮します。健康効果も多くなりますし、双方にある血液サラサラ効果やアレルギー抑制効果は、同時に摂ることでさらに倍増します。お互いの働きをサポートして補いあうため、体内でも自然な働きをしてくれます。

DHAとEPA双方が一緒に摂れるサプリメントは、非常に有用です。それぞれをバランスよくとれるため、大きな効果が期待できます。サプリメントを利用して、不足しがちなDHA・EPAを摂取しましょう。

ただ、いくら体に良いとはいっても、摂りすぎてしまうと副作用がでてしまいます。一日の摂取量を守ったうえで、DHA・EPAサプリメントを摂るようにしましょう。