女性の男性脱毛症に効果を発揮するミノキシジルとは?

年齢を重ねれば重ねるほど増えてくるのが「抜け毛」です。女性にとって髪の毛は命ですので、抜け毛が増えることによってストレスが大きくなっていく人も多いと思います。

女性の薄毛対策として効果があると言われている成分「ミノキシジル」。ミノキシジルとはいったいどんな成分で、どういうタイプの薄毛の人に効果があるのでしょうか。

ミノキシジルとは、発毛効果が認められた有効成分のひとつです。厚生労働省から医薬品許可を受けた「発毛剤」です。発毛効果があると認められた医薬品の中でも、女性が使用可能なのは、このミノキシジルだけです。

ミノキシジルは、血圧低下をもたらす薬として、元々は使われていました。しかし、近年になり、そのミノキシジルの仕組みから、発毛にも効果が発揮することがわかりました。

ミノキシジルに、発毛促進効果が期待できるのは「血管拡張効果」です。血圧低下をもたらす薬として紹介しましたが、血管を拡張することにより、多くの血流を流し、血管にかかる圧力を低減してくれます。

多くの血流が流れるようになるということは体の隅々まで、栄養や酸素を届けることができるようになります。当然、頭皮にも栄養や酸素が届いて、毛根内の細胞にもいい影響を与えてくれます。

女性の薄毛の原因は様々ですが、ひとつの原因として「頭皮の血流が滞っている」ことがあげられます。これが原因で、薄毛トラブルが進行しているなら、ミノキシジルは特に効果を発揮します。

ミノキシジルが特に効果を発揮するのは、女性の「男性型脱毛症」です。いわゆるFAGAです。ミノキシジルは、AGAにも効果があると男性の薄毛の原因として使われてきました。

その後、ミノキシジルの研究が進むにつれて、「濃度を薄くして使うことで、女性の男性型脱毛症に効果がある」ことが判明しました。

年齢を重ねることで女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの影響を強く受けるようになって、起こってしまった薄毛の症状には、ミノキシジルは効果を発揮してくれます。

ミノキシジル配合の育毛剤一覧